「源平」と「石の里」イメージ
IN委員会タイトル

 イサム・ノグチは20世紀の代表的な彫刻家です。彫刻だけにとどまらず、野外庭園や、商業デザインなどを含む広い芸術分野で活動しました。晩年の約20年は、牟礼に制作の拠点を置いて、ここから世界に作品を送り出しました。
 私達は彼が愛した牟礼の原風景を大切にし、彼が求めて止まなかった美の追求の心を学ぶことを目的に活動してきました。
 IN委員会のINは、イサム・ノグチの頭文字です
生誕百年の記念

2004年はイサム・ノグチの生誕百年の記念の年でした。
アメリカでは、早くから彼の偉業を称える切手が発行されていましたが、日本でも、昨年11月に文化人切手として発行されました。

空港のモニュメント

香川の空の玄関、高松空港にはイサム・ノグチの最後の作品「タイム・アンド・スペース(時間と空間)」があります。
彼は讃岐に広がる原風景をとても愛していました。

現在の牟礼町 牟礼の原風景

私たちは、自分達が知らなかった、故郷の美しさを再認識させてくれたイサム・ノグチの業績を勉強しようと、中学校や町内会に働きかけました。

庭園美術館を訪れた牟礼中学校の生徒

IN委員会の企画のひとつに中学校の総合学習への協力があります。
その中で庭園美術館を訪れた中学生は、巨匠の作品をその制作現場で間近に見ることができて、大感激でした。

牟礼町教室 生徒達の制作実習

抽象芸術への理解を進めるために、牟礼中学校では総合学習で専門家の指導による制作実習をしました。
その作品が総合学習の発表会場を飾りました。

イサム・ノグチ学習会 町内会での出前講座

町内会の要請に応じて、出前講座を開き、イサム・ノグチの作品や、香川との関係について勉強しました。
このような試みを重ねることによって、町内でのイサム・ノグチへの関心は高まりました。


牟礼町源平与一君

むれ源平
まちづくり協議会
このページの運営母体「むれ源平まちづくり協議会」のご紹介です。

むれ源平史跡探訪
那須の与一の「扇の的」をはじめ、牟礼は源平の町。たくさんの源平史跡を一挙ご紹介します。

庵治石の町
400年もの間、牟礼町は石の町として栄えてきました。今の石の町「牟礼」をご紹介します。

イベント紹介
牟礼町で行われる注目イベントをタイムリーにご紹介します。

石彫の町
「石の町」牟礼町にはたくさんの石の彫刻があります。石彫見学の散歩を楽しんでください。

観光ポイントご紹介
石の民俗資料館や、栗山記念館、イサムノグチ庭園美術館等、牟礼の歴史と今が見えてきます。

ブログ・WEBサイトの紹介
協議会のメンバーのサイトです
親子で石屋日記
牟礼のまちだより
るいままstudio

特派員情報!
一般の方の牟礼近郊に関するニュースや口コミ等の情報が見られます。

おいしいどころ
讃岐うどんの名店をはじめ、たくさんのおいしいスポットをご紹介します。

牟礼町ご紹介
色々な見所のある牟礼町。そのアウトラインをご紹介します。

Copyright (C) 2005 むれ源平まちづくり協議会 All rights reserved.